「着物が欲しい」と思っても、初めて買う時は、洋服を買うのとは >

「着物が欲しい」と思っても、初めて買う時は、洋服

「着物が欲しい」と思っても、初めて買う時は、洋服を買うのとはかってが違うため、わからない事ばかり。
そんな方のために、着物を買うための二つの手順をご案内します。

○反物から仕立てるケース

着物を買う時には、洋服と同じように、反物(着物一着分の布地)を選び、仕立ててもらう方法と、
仕立て上がりと呼ばれる、すでに着物の形になっていて、そのまま着られる物を買う方法があります。

着物を仕立てるときは、一般的に着物を専門に販売している呉服店を利用します。
呉服店に行き、並んでいる反物の中から好みのものを選び、自分の寸法に合わせて、仕立てて
もらうという手順になります。仕立てる着物の種類や、好みなどをお店の人とよく相談して、仕上がりに
かかる期間も確認しておきます。着物は着る人それぞれの、身長や体型に合わせて仕立てるのですが、
洋服のオーダーメイドほど、細かい採寸を必要としません。ですが、より細かく採寸をしてくれたり、どんな
時に着物が必要か聞いてくれるお店の方が、体にピッタリとした、出来栄えのいい仕立てあがりが期待できます。

仕立てにかかる料金や支払いの方法は、着物の種類や呉服店によって異なります。仕立てを頼む際に、
代金の一部として「前金」を預けるケースもあるため、ある程度のキャッシュは準備しておくほうがあわてずに
すみそうです。

着物を仕立てる期間は、着物の種類にもよりますが通常は1ヶ月から、訪問着、振袖などの手の込んだものや、
注文時の状況などによって、長い場合では数ヶ月から半年以上にになることもあります。仕立てを頼むときは
期間にゆとりを持って、頼むことが大切です。

なんらかの事情ですぐに着物が欲しい時には、仕立てあがりの着物を買うという選択もあります。


○仕立て上がりから選ぶケース

仕立てあがりの着物は、縫い上げている着物ですから買えばすぐに着る事ができます。一般の呉服店や、今ではインターネットでも
気軽に手に入れることが可能です。
ただ、どうしても自分のサイズにピッタリと合わないケースも出てくると思いますので、その時には寸法直しをしなければなりません。
通販でも購入は可能なのですが、できれば着物の色や柄、寸法を見るためにも、店頭での試着をおすすめします。



メニュー

メニュー

Copyright © 2014 「着物が欲しい」と思っても、初めて買う時は、洋服を買うのとは All rights reserved.
TOP